あとで自分で読み返す為に付けている日記です。
よそ者。
2016年10月09日 (日) | 編集 |
今日の出来事は?と言えば…世知辛いが、そういうこと。

子供の頃、近所には年の近い子供が
大勢いたので、遊び相手に事欠かず、
外遊びばかりの毎日でしたよ。こんばんは。


その世代が大人になって
結婚して独立して外に出てしまい、
高齢化が進んでいる町内ですが


お祭りつーのは毎年催されます。
いえ、特に何がある!てわけでもなく


神社へのお供えと、寄付のお菓子。
我が家は毎年、お菓子を寄付してきた。


学齢的な「子供」はいないけど、
恒例行事として「当たり前」にしてきた。


が、今年はその恒例をやめてしまった。
て言うのも、「寄付」であるお菓子に
よそ者(笑)が、あーだこーだ言い出したから。


子供優先とはいえ、
お供えや寄付をした者は、おさがりをいただく。
果物やお餅、お菓子が配られる。


それが昨年、モメた模様。
子供会でそのお菓子をプールして
何か行事ごとに使いまわそう!て


子供の居ない世帯に
おさがりは配らぬ方針となり、


もっと言うと別の地域に住んでる孫が
祖父母と共にお菓子を貰いに行っても
「よそ者だから」ともらえない仕組みになってた。


好きにやったらイイじゃない! て


その代わり、学齢の子供のいる家庭が出せばイイ。
恒例行事で気持ちよく寄付してきたけど
金輪際、しません!て家が多数をしめた。


この地に嫁に来て、3年くらいのオナゴに
それが「ルール」です!てぴしゃりと言われた
田舎のお年寄りをナメちゃいけない。


うわーーーとは思うが、それが田舎。
3年住んだくらいで、しきたりを語っちゃいけない。


あたくしなど、生まれてこの方
この町内の住人なのに、未だにひよっこ。
○○さんとこの次女扱い。


たかだか3年で何を語る事が出来ようか!
そんなこんなで我が家も今年の寄付はナス。


だがしかし。この少子化時代…
学齢の子が居る家だけで賄うには限界がある。


てか相当そっち側からも文句を言われた模様。
3年嫁、良かれと思ってやったのに針のムシロ。


どうなったか、つーと3年嫁、
姑と共にご近所にお詫び行脚。謝り倒す。


オトナなので仲間外れ的な事はナスだが
いっそ、そうしてくれた方が楽だわ!て思う。


田舎って…田舎って…怖いわ。



<一緒に家に謝りに来た姑の顔、めっさ怖かった。
↓今日も読んだぞ的に応援下さい。>


人気blogランキングへ

OL日記ブログランキング



        にほんブログ村 OL日記ブログへ
      

テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記