あとで自分で読み返す為に付けている日記です。
本気の訓練。
2011年09月06日 (火) | 編集 |
今日の出来事は?と言えば…今までナメててスマンかった。

会社で避難訓練があった。
ま、今年に限った事でなく毎年ですけど。こんばんは。


こう、これまで事務所からどのくらいで
避難場所の駐車場にたどり着けるか、て
ストップウォッチで時間を計られてましたけど。


点呼も、声を出して人数かぞえて
課員全員無事です!とかなんとか
セリフまで決まってて、


階段を下りる時もダラダラてか
仕事の事しゃべりながらだったり


ヘラヘラしっぱなしーで
訓練てより、恒例行事的で
臨場感も緊張感もまるでナス。


それが今年は震災だったり、つい先日の台風だったり
いつ、どこで、何が起きるかわからない!て


身につまされて、誰もが本気の訓練。
いや、一部。ヤングたちはオチャラケテましたけど。
そんな輩に対しましては、喝!です。


いまだかつて、あたくし。
こんな真剣に取り組んだ事ナス!なほど
必死の階段下り、点呼、消火器訓練。全くもってお恥ずかしい。


実際、その場で同じ事が出来るかどうか、ですけど
事務所じゃなくて工場にいたら、また違うけど
己に迫った危険は己で回避するしかない。


子供の頃から、今まで何十回とやってきましたけど
訓練ナメててゴメンなさいて気持ちでいっぱいです。



<消火器、初めて使った。
↓ランキングに参加中。いつも応援ありがとうございます>


人気blogランキングへ

OL日記ブログランキング


            にほんブログ村 OL日記ブログへ

テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記
コメントはお気軽にー
が。宣伝等、記事に関係のないコメントは…
誠に勝手ながら独断で削除させていただきます。
No title
ナメてたのはワタクシも同じです。こんばんは。

今回は誰もが本気…と思いきやヤングあたりは、必死とか走るとか言うのが恥ずかしいのかヘラヘラしてましたね♪~( ̄ε ̄;)課長に一喝されてましたけど。どのくらいで避難出来るものなのか、とか今まで考えた事ナスでしたけど。知ってるのと知らないのでは大違い!です。
2011/09/07(Wed) 01:18 | URL  | みっちょ #-[ 編集]
No title
ちょうど文庫本で「相田みつを」の「にんげんだもの 道」を読んで
いると次のようなエッセイが書いてありました。

 なまけると
 こころが
 むなしい
 一所懸命に
 なると自分
 の非力が
 よこわかる
         ~ みつを

相田さんて、カレンダーとかによく出てくる人くらいのイメージ
しかなかったんですが、初めて本でじっくり読んでみると、自分の
小ささに改めて気付きます。
本気の訓練をせずに、さぼってばかりいると
いざという時に困るものです。
本当に人生何が起こるかわかりません。
普段からいつも本気でいようと思いました。
2011/09/07(Wed) 09:10 | URL  | 恥ずかしがり屋さん #-[ 編集]
No title
<みっちょさん>

これまでナメてたくせに
ヤングの事は言えませんけどね。こんばんは。

いや、しかし。今回は空気が違う。
もう、オチャラケテなんかいられない状態。

みっちょさん。あたくし、思った。
やっぱりミュールよりヒールスニーカー。
走れる!脱げない!
あたくし、相当早く辿り着きましたよ。駐車場。

役に立つ日は来ない方がイイですけど
いざ、て時のためには重要です。
2011/09/07(Wed) 23:57 | URL  | <みっちょさん>きく #-[ 編集]
No title
<恥ずかしがり屋さん>

コメントありがとうございます。
name無しなので、恥ずかしがり屋さんて事で。こんばんは。

相田みつを。あたくしも持ってます。
一冊だけ!ですけど。時々読み返すのですが
優しげな文章でありながら、ガツンときたりしますよね。

人生何が起こるか、本当にわからないからこそ
その日を懸命に…て思いながらも
つい楽な方へ、楽な方へ流されてますが

実際の災害は前触れもなく突然襲ってくるもの。
いざ、て時にどう動くか、動けるか
動かない方が安全だったりする事もあって
どうしたら良いのかわからない、てのが本音です。

が、訓練を真剣にやっておく事によって得られる
安心感だとか、逃げ道が頭に入っている、
それだけでも、きっと違いますから。
ホントにサボってばかりいた己が恥ずかしいです。
2011/09/07(Wed) 23:58 | URL  | <恥ずかしがり屋さん>きく #-[ 編集]
コメントしてく?
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック