あとで自分で読み返す為に付けている日記です。
昼寝。
2010年10月22日 (金) | 編集 |
今日の出来事は?と言えば…邪魔しないで!

寝付きは良いです。
布団に入って10分あれば、完全に爆睡できます。

イヤな事があっても、とりあえず寝てしまえ的。
が、寝起きは悪いです。最悪です。こんばんは。

今日も会社を休んでますゆえに
平日は出来ない、昼寝!つーのをですね
しようと思ったわけですよ。


ちょいと横になったら 即座に快眠! のはずが!


アレですよ。玄関のチャイムがけたたましく
こう、ピンポンピンポンピンポンピンポンピンポンピンポンて。
どんだけ高速押しですか!な勢いで鳴るわけですよ。
 

<★★ さ、ここから後半よー 長いわよーー ★★>



こちとら、病院から帰ってきて
ちょっとゆっくりしてから、再び病院へ!てね
そんな予定でしたから。


しばしの安眠をむさぼろうと思ったんですよ。
会社を休んで平日の昼寝なんて
滅多に味わえない、至福のひとときじゃないですか。


居留守を使おうかと思ったんですけど。
てか家に帰った所、見てた?くらいのタイミングですし
セールスの類じゃなさげな、押し方だから。


仕方なく、出たわけですよ。パジャマ姿で。
女性が立ってたんですけど。誰?どなた?どちら様?な。
そんなヒトに…いきなり、怒られたんですよ。


こちとら半分寝てますから、わけわからないじゃないの。
言うてる事もよくわらかないですし
そもそも、お前…誰だよ!て話ですし。


でも、 とにかくご立腹! てね


それだけ!は、わかるんですけど。
どうやら、怒鳴り込まれてる!て事だけはわかるけど。


要領を得てないので呆然としてる、てか
あたしゃ、寝るのを邪魔されて不機嫌、てか
カッチーンて、きてるじゃないですか。


それでも、一応オトナな対応として
話を聞く努力をしてみるじゃないですか。
口角は上げても、目は笑ってないですけど。


どうやら、過日の学区のお祭(過去記事はこちら)で
役員をしていた隣組(笑)のヒトで
あたくしが菓子配りをしていた時に


サボって出てこなかったヒト! で


その事で、何やら学区の皆さんに悪口を言われ
村八分的な事になってるのが気にくわない!


その悪口の発端が、あたくしだ!て
言いたいらしい、て事が努力の思考回路で判明。


あ、そいえば。言うた。
交代時間になっても、貴方が来ないから。


あたしゃ、延々…ご飯も食べられずに
その場に居てコキ使われましたから。
ハラヘッタ!次のヤツはまだか!て。確かに言うた。


こちとら、生まれてこの方、この街に住んでるから。
近所のおばさんと共に
忘れてんのかしら┐(´ー`)┌て。


何?結局、来なかった言い訳だとか
ご迷惑をお掛けしてごめんなさい的な謝罪とか
そういうんじゃなくて、文句?自分の行いを棚に上げて?


非常識も甚だしい! つーんですよ。


田舎の横繋がり、ナメてもらったら困ります。
あたくしがハラヘッタて、言おうが言うまいが


そういった集まりに遅れるだとか、行けないだとか
連絡もナスで出てこなかった、て時点で
終わってんですよ。貴方。


ここに何年住んでるか、知りませんけど。
見た事ナスだから、最近なんでしょうけど。


面倒クサイと思ったって、
近所付き合いは根強く残ってて


自分は出なくても良いだろう、とか
誰かが代わりにやってくれるだろう、とか
通用しない地域なんですよ、ココ。


て言うたところで、隣のおばさんが来た。
壁に耳あり障子に目ありだから。ココ。


昔から住んでるヒトには優しい地域だけど
新しいヒトにはキビシイ地域なの♪~( ̄ε ̄;)


怒ってた女性は更なる追撃くらって、退散。


て、おい!その前に謝れ!
あたくしの貴重な昼寝時間を返せ!て話。


至福を味わうどころか
苦痛を伴い、再び病院に舞い戻る(泣)


残念ですけど。この女性は…ずっと
集まりをサボった上に、
きく家に怒鳴り込んだヒト、て言われます。


ヒトの噂も75日、て言いますけど。
ココはね、忘れないの。
語り継がれるのよ、永遠に(´I ` ;)


あたくしなんか、30数年前の話…
幼稚園を脱走してた、きくちゃんて(笑)
未だに言われてるんですから。


ま、間違っちゃいないけど。


てか余所の家に怒鳴り込むのも良いですけど。
自分は悪くない前提で来ている時点で
あたくしに言い返されても、文句は言えまい。


いや、言うんだけどな。こういうヒトは平気で。


↓ランキングに参加中。ケータイの方も応援よろしくです。同窓。

人気blogランキングへ
30代OLランキング


            にほんブログ村 OL日記ブログへ

テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック